スマホ版 Chrome のヘッダー部分に色をつけるには meta タグを仕掛ければ良い

更新日: 公開日:2016/02/12
Google Chrome

スマートフォンでネットサーフィンをしていると、サイトによってアドレスバーの部分が彩色されているページがあることに気付くでしょう。通常はグレーですが、青やらオレンジやら、ページによって様々なカラーが設定されています。

Windows 7 の場合、アイコンのカラーの一部を取り出して、タスクバーのアイコン背景色が設定されます。しかしスマホ版 Chrome の場合は、任意のカラーを取得するのではなく、コードの設定により対応させることができます。

言葉では伝わりづらいので、以下の画像をご覧ください。何をしたいのかと言うと、このアドレスバーのあるヘッダー領域の背景色を変更することが今回の目的です。

Chrome で色を付けたいヘッダー部分

パソコン版には対応していないため、設定したコードの確認はスマートフォン上で行う必要があります。

では、実際にどのようなコードを設定するのか、説明していきましょう。

meta タグにテーマカラーを設定する

下記ページは、Chrome ブラウザのヘッダー背景色に関するアナウンスが行われた Google Developers のアップデート情報です。

Support for theme-color in Chrome 39 for Android

簡単に説明すると、Android 5.0 (Lollipop) 以上の Chrome for Android バージョン 39 以降から取り入れられた機能で、HTML ソースの head タグ内に次のような meta タグを記載することで、そのサイトのテーマカラーとしてブラウザが認識して、ヘッダー部分に色がつく仕様になっています。

meta タグの内容

<meta name="theme-color" content="#5588cc">

html の head タグ内にこの meta タグを挿入するだけで、指定したカラーコードに応じてヘッダー部分が彩色されます。実際に meta タグを反映してスマホから確認してみましょう。

metaタグを反映したヘッダーカラー

グレーで寂しかったヘッダーに色がつきました。元々余計なものがないシンプルな構成のサイトだったので、このようにヘッダー部分に色が入るだけで印象が変わりますよね。

余談ですが前述のアップデート情報に、ハイレゾ(高解像度)のアイコン対応についても言及されていますね。192 x 192 のサイズを推奨しているようですが、こちらも画像ファイルさえ用意しておけば次の meta タグで設置できます。

<link rel="icon" sizes="192x192" href="[画像url]">

どちらもヘッダー部分に meta タグを挿入するだけの簡単な方法で実現できますので、皆さんもぜひ試してみてください。

Amazon タイムセール祭り【2018年4月】おすすめ商品一覧

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。