ムームードメインからエックスサーバーへドメイン移管する方法!プレゼントドメインのキャンペーンを利用する場合

更新日: 公開日:2015/12/20
ムームードメインからXSERVERへドメイン移管

XERVER では契約するプランにより、ドメインの更新料がずっと0円になるプレゼントドメインキャンペーンが適用されます。

このキャンペーンはエックスサーバーを契約し続ける限り、ドメイン代が無料になるサービスです。このキャンペーンでは、既に他のサービスで取得済みのドメインにも適用させることができますが、管理元を XSERVER に移すことが前提になります。

僕自身も XSERVER 契約時にこのキャンペーンを利用して、他に運営している Web サイト NJ-CLUCKER のドメインをムームードメインから移管しました。具体的にどのような手順で移管したのか、手順を追って紹介します。

なおこのキャンペーンは X20 プラン以上であれば常時、X10 プランは稀に期間限定で実施されているので、サーバーの移転を検討されている方はエックスサーバーのサイトを確認してください。

2019.11.29 18:00 までに XSERVER の X10 プラン契約で、ずっと0円のドメインプレゼント実施中!今なら人気の .com や .net ドメインがもらえます!

移管できる対象ドメイン

移管できるのは全てのドメインではありません。キャンペーンを適用できるのは、以下のいずれかのドメインに限定されます。

.com / .net / .org / .biz / .info / .xyz / .link

ここでは .com ドメインを例に説明を進めていきます。

ムームードメインにおける手続き

WHOIS 情報を書き換える

まずはムームードメインの設定からです。メニュー [ドメイン操作] → [ドメイン一覧] を開き、対象ドメインを選択すると各種情報が確認できます。その中にある WHOIS 情報をご覧ください。次のように「弊社情報代理公開」となっている場合は移管することができません。

ムームードメインのWHOIS情報を確認

WHOIS 情報とはドメインの管理者情報で、全世界に公開されているものです。本来は自身の情報を登録するものですが、管理会社を経由している場合はそちらの情報を代理で利用できるようになっています。

ドメイン移管は WHOIS 情報ごと移管されるので、このままムームードメインの情報を管理者情報として利用できません。そこでエックサーバーに移管するために、自身の氏名・住所・電話番号・メールアドレスへ変更する必要があります。下にある [WHOIS 情報変更] ボタンから情報の登録を行ってください。

注意書きにある通り WHOIS 情報が更新されるには時間が掛かるので、ドメイン移管を予定しているのであれば早めに取り掛かるようにしましょう。

認証コード AUTH CODE を取得

WHOIS 情報がムームードメインの運営会社である GMO から自身の情報に更新されると、ドメイン移管に必要な認証コード (AUTH CODE) が表示されます。このコードを利用して、エックスサーバー側へ登録を行います。

WHOIS情報反映後のAUTH CODE表示

ドメインを移管しない場合

ドメインの管理元をムームードメインのままにして、利用するサーバーをエックサーバーにするだけなら、ネームサーバーの設定をエックスサーバー用に変更すれば作業は完了です。

domain-transfer-from-mu-mu-to-xserver03

この変更も即時反映ではなく数日掛かるケースがあります。そしてネームサーバーの変更中は、数時間おきに参照先が移行前のサーバーとエックスサーバーを行ったり来たりします。

エックスサーバーにおける手続き

プレゼントドメインの申請をする

エックスサーバーの インフォパネル から作業を行います。メニューより次のように進みます。

[各種お申し込み] → [キャンペーンドメイン]

独自ドメインに移管するドメイン名を入力し、適用方法に [移管申請] を選択します。

プレゼントドメインで移管申請を行う

入力情報に問題が無ければ確認画面へ遷移します。そのまま内容を確認の上、申請の手続きを行ってください。申し込みが完了すると、別途移管申請手続きに関する内容が記されたメールが届きます。ここから先の手続き内容は、全てメールに記載されています。

もし届いたメール本文に「レジストラロックをOFFへご変更ください」と記載があっても、ムームードメインの WHOIS 情報が既に更新済みであれば問題ありません。

該当ドメインの移管申請を確定する

メールが届いたらインフォパネルへアクセスし、画面右下の「ご契約一覧」にある「ドメイン」の項目の箇所に、移管申請のリンクが張られています。そこから移管申請フォームが表示されるので、ムームードメインで表示されていた認証コード (AUTH CODE) を入力して移管申請を実施します。

エックサーバーからドメイン移管申請を実施

確認画面を経て確定処理を行います。

ドメイン移管の申請に関する承認

ドメイン移管の申請が終わると、エックスサーバーから「トランスファー申請に関するご案内」のメールが届きます。そのメールに記載のある URL へアクセスし、トランスファー申請の承認を行います。この承認行為を経て、ドメインが移管されます。

メールが届いてから一週間以内に承認を行わないと否認扱いになります。

エックスサーバー側で承認すると、今度はムームードメイン側から「トランスファー申請に関する確認のご連絡」のメールが届くので、同様にメールに記載の URL へアクセスして承認します。こちらも期日までに承認を行わないと否認扱いとなります。

移管完了までに掛かる時間

ムームードメインからのトランスファー申請に関するメールに承認してから、移管が完了するまでは約半日ほど掛かりました。移管が終わるとエックスサーバーから完了通知メールが届きます。これで移管作業は終了です。

XSERVER のインフォパネルにある [ご成約一覧] を確認すると、移管したドメインに ドメインパネル のリンクが表示されます。そこからドメインの情報が確認できます。

ドメインパネルのリンク表示

移管前に自身の情報に変更した WHOIS の内容は、移管が完了した時点で XSERVER の情報に書き換えられています。よって XSERVER 上でドメイン情報を変更する必要はありません!

以上、ムームードメインからエックスサーバーへドメイン移管する方法でした。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。