アフィリエイト初心者に ASP もしもアフィリエイトをおすすめする5つの理由

更新日: 公開日:2017/04/07
もしもアフィリエイト

初心者がアフィリエイトを始めるにあたって、いくつか壁にぶち当たる局面があります。例えばレンタルサーバーを借りたり、慣れない WordPress でブログを作ったり、最初の段階で挫折してしまう人も中にはいます。

パソコン操作に慣れていれば、ネットで調べてブログを開設するところまで漕ぎ着けることができるでしょう。ここまで出来れば、準備できているようなものです。スタート時点では、デザイン構成など満足いかない部分もありますが、肝心なのは「見た目よりも中身」です。いくら凝ったデザインにしても、内容が伴っていなければアクセス数を得ることもできず、無駄に時間を浪費するだけになります。

デザインの修正は、コンテンツが充実してから少しずつ自分の好みの色に染めていけば大丈夫です。WordPress に限らず他のブログでも、デザインされたテーマが最初から存在します。具体的なイメージがあれば、それに合わせたテーマを予め選んでおくのも1つの手段です。

情報を発信するための入れ物が用意できたら、まずは記事を増やすことが第一優先になります。

と、その前に ASP を選ぶ段階で迷ってしまう方もいるでしょう。どこに登録して何を始めたら良いのか分からない。そんな人には、特に読んでもらいたい記事になっているので、ぜひ参考にしてください。

ASP は片っ端から登録したほうが良い?

単に ASP といっても、メジャーな会社からマイナーな会社まで数多く存在します。ネットで調べればすぐに名前が挙がってくる ASP をいくつか列挙してみましょう。

リンクシェアも代表的ではありますが、管理画面が重い上に使い勝手も悪く、初心者にはおすすめできないので敢えて一覧から外しています。

上記の中では「もしもアフィリエイト」はマイナーな ASP に属しますが、どうして他の ASP の人気が高いのか簡単に説明しておきましょう。

案件豊富な A8.net

【ASP】A8.netの特徴

A8.net

取り扱っている案件数が多いため、様々なジャンルに渡って広告を見つけられます。逆に多すぎて未知の案件を探すのが大変なので、自ずと目的の案件を検索して見つけるといった使い方になります。

僕自身はレンタルサーバー(エックスサーバー)のセルフバック(自己購入)を利用するために契約しましたが、今では案件を探す時に最初に検索する ASP になっています。

老舗の安定感 バリューコマース

【ASP】Value Commerceの特徴

バリューコマース

A8 と共に2大巨塔とされるバリューコマース。バリューコマースは日本で初めての ASP 業者となります。短いアフィリエイトの歴史の中でも老舗とも言えるので、広告数も安定しており根強い人気があります。au、docomo、SoftBank といった大手キャリアから WiMAX など、通信系を網羅しているのも特徴です。

バリューコマースのおすすめポイントは、楽天のセルフバックが用意されていることです。通常、楽天アフィリエイトの自己クリック購入は禁止されています。しかし、バリューコマースのバリューポイントクラブを経由すれば、通常通り 1% のマージンが得られます。

他にも au、docomo、SoftBank のオンラインストアのセルフバックも用意されています。機種変更をオンラインで実施する手間はありますが、家族分全てセルフバックに対応すると相当な金額になるため、利用しないと勿体ないサービスです。

無い案件がここにある アクセストレード

【ASP】ACCESSTRADEの特徴

アクセストレード

案件が無いと思ったら、ここにあった。そんな、大手には物足りない部分をカバーしているアクセストレード。FX や証券といった金融系を推しています。

案件数が少ないため初心者向きではないものの、扱っているジャンルの特徴が分かれば必要性が自ずと見えてきます。

美容と言えば afb(アフィリエイトB)

【ASP】afbの特徴

afb(アフィリエイトB)

コスメ、サプリ、エステなど、美容系の案件が強いです。女性向けに限らず、男性向けの案件も多数用意されています。

ジャンルによっては全て afb で賄えるケースがあるものの、逆に全く合わないといったことも起こり得ます。僕の場合は後者なので、登録しても全く稼働していません。

物販系をひとまとめ もしもアフィリエイト

【ASP】もしもアフィリエイトの特徴

もしもアフィリエイト

Amazon、楽天、Yahoo ショッピング、セブンネットと、物販系大手を一気に登録できる もしもアフィリエイト。とりあえず何か始めてみようと思う人には、とっつきやすい ASP です。

今回メインで紹介している ASP なので、初心者に向けておすすめするポイントについては、後半に詳しく解説していきます。

慣れないうちは無理して登録しない

登録した ASP からは、ほぼ毎日のように新規広告のメールが配信されます。最初からこのメールをいちいちチェックしていては、まともに手を動かす時間が減ってしまいます。メールチェックしていて、このジャンルに手を出してみようと思うことも稀にありますが、思いつきだけで行動してしまうとなかなか成果を挙げられず苦労することが多いです。

上記の大手サイトの場合、ジャンルを問わず目的の広告を見つけやすいので、利用する側にとっても勝手が良いです。とは言え、これは明確に目指すべき方向性がはっきりしている場合に限ります。とりあえずアフィリエイトをやってみようと考えている人にとっては、広告過多で逆に路頭に迷ってしまうのではないでしょうか。

先々のことを考えて、これら ASP に登録してマイナスになることはありません。ただ、何かしら成果を得られる手応えを実感してから裾野を広げていったほうが、自分の中で計画を立てやすいのではないかと思います。

では、アフィリエイト初心者が、最初に何を始めれば良いのか考えてみましょう。

初心者が手軽に始められる物販アフィリエイト

これは僕の経験上の話なので、一概に全ての人に当てはまらないかもしれません。僕の場合、過去に書いたブログ記事に関連商品として Amazon の広告を貼ったところ、思いのほか簡単に収益が上がってしまったところからスタートしました。

簡単に言ってしまうと、ただのカメラで撮った画像を、Amazon の商品リンクに差し替えただけです。大した金額ではありませんが、元々利益0円だったページから毎月500円くらいを安定して稼げるようになったので、これはもう少し意図的に狙っていけるのではないか?と思ったのです。

まずは成果が生まれないと何も学べない

アフィリエイトの方法について、自分のやり方が正しいのか間違っているのかは、成果を出さないことには何も判断できません。一向に成果が出ず、何ヶ月も売上0円のまま進んでしまうと迷子になりやすいので注意してください。もう少ししたら芽が出るのか、諦めて別の方向性へ進むのか、初心者にはまず判断できないと思います。

場合によっては半年から1年以上掛けて、検索順位が上がってくる場合もあります。でも初心者の状態からこの期間を待つのは、リスクが大きすぎます。検索順位の動きについては、ある程度の経験があっても推測の域を出ないレベルなので、始めはもっと短いスパンで結果を得られるジャンルから始めるのが良いです。

物販アフィリエイト、いわゆる商品紹介であれば自身の経験を活かすことができるので、メリットやデメリットも自分の観点から紹介することができます。

アフィリエイトを行う上で大切なのは、どうしたら商品やサービスが売れるかを感覚的に知ることです。そのために手っ取り早く経験を積めるのが、物販アフィリエイトではないでしょうか。そこで僕が一押しする ASP が、タイトルにある通り「もしもアフィリエイト」なのです。

なぜ「もしもアフィリエイト」を勧めるのか

もう、おすすめといった次元の話ではなく、物販アフィリエイトをやるなら「もしもアフィリエイト」を登録するのが当たり前だと僕は思っています。その理由は、大きく3つあります。

【理由1】Amazon や楽天の審査が通りやすい

商品紹介を行う上で、絶対に抑えておくべきなのは次の3社です。

  • Amazon アソシエイト
  • 楽天アフィリエイト
  • Yahoo ショッピング

大抵の商品は、いずれかのサイトから購入されます。楽天のマージンは売上の 1% と低く、Amazon の 2% ~ 10% には遠く及びません。だからといって、Amazon だけに絞って紹介するのはあまりおすすめしません。楽天ポイントやTポイントを集めている人、Amazon プライムに登録している人は、購入先が偏る傾向にあります。実際に3つのサービスを併用したほうが、売上アップにつながった実績もあります。

この3社のサービスを利用するには、それぞれ広告を載せるサイトの審査が必要になります。そして一般的には、ASP を通して申請したほうが審査を通りやすい 実態があります。

この理由の1つとして、そもそも「もしもアフィリエイト」を利用するための審査を受けていることが挙げられます。申請時にはある程度のきちんとした記事数が必要になるものの、ASP の審査が通っている、つまり一次審査は通過している状態なので、その信頼がサイトの評価につながっているのでしょう。

なお、余程のことがない限りは、ASP の審査が通らないようなことはないので安心してください。(規約違反やコンテンツ不足には注意が必要です。)

もしも会員規約

【理由2】10% の上乗せ報酬制度がある

もしもアフィリエイトW報酬制度

もしもアフィリエイトには、W報酬制度なるものがあり、総収益に対して +10% の上乗せボーナスを受け取ることができます。Amazon や楽天は残念ながら対象外なのですが、他の ASP にも存在する同じ広告を載せても「もしもアフィリエイト」であれば 10% 上乗せして報酬を受け取ることができるのです。

簡単に説明すると次のようなイメージです。

同じ案件であれば、上記で紹介した ASP も基本的には報酬額が同じです。そうなると、将来的に多方面へ展開したときに「もしもアフィリエイト」を使っていてよかったと思えるようになります。

【理由3】振込最低金額1,000円、手数料0円

Amazon と楽天の振込に関して、直接両社のサービスを利用した場合、次のルールが適用されます。

Amazon アソシエイト
  • Amazon ギフト券での受領は最低報酬500円以上
  • 銀行振込の場合、最低報酬5,000円以上
楽天アフィリエイト
  • 毎月3,000円分までは楽天ポイントで付与
  • 3,000円を超えた差分は楽天キャッシュ付与
  • 楽天キャッシュの付与には楽天銀行の契約が必要
  • 楽天銀行未開設の場合、楽天キャッシュ分は無効扱いになる
  • 楽天キャッシュの現金化には手数料が10%掛かる
  • 3ヶ月連続で月間5000ポイント以上の成果報酬がないと口座振込ができない

Amazon は銀行振込の選択肢が予め用意されています。一方の楽天は、現金振込までのハードルが高すぎます。楽天ポイントや楽天キャッシュを付与されたところで、楽天で買い物をしなければいけない前提になるので、紹介者としてのメリットはかなり薄くなります。

しかし、これら Amazon と楽天の商品紹介を「もしもアフィリエイト」経由で行った場合、次の待遇を受けることができるのです。

もしもアフィリエイト
  • 銀行振込の最低報酬は1,000円以上
  • 銀行問わず、振込手数料0円

アフィリエイト初心者は、最初に振込最低金額に到達するまでの道のりが険しいので、より最低金額が低い ASP を選び、支払いに対する達成感を得ることで、長く継続するためのモチベーションにつながります。

【理由4】検索順位から おすすめ広告を紹介してくれる

もしもアフィリエイトの自動マッチング機能

運用しているサイトの記事数が増えてくると、もしもアフィリエイトの方から週1回・月1回、登録サイトに合う広告を紹介してくれる「自動マッチング」によるメールが送られてくるようになります。

紹介理由として『キーワード「○○○ ○○○○○」でGoogle12位にドメイン検知』のように、特定のキーワードで検索サイトの上位に表示されることを教えてくれるだけでなく、そのキーワードに合った広告をおすすめとして紹介してくれます。つまり、広告を載せるつもりがなく投稿していた記事に、アフィリエイト広告を載せられる可能性があることを提案してくれるのです。

これぞまさに「棚からぼたもち」ではないでしょうか。

該当するページに広告を載せるつもりがなくても、どんなキーワードで上位表示されているか知ることで、考えの幅が広がります。僕自身も、このマッチングからの紹介メールは必ず目を通しています。特に新しいジャンルに展開しようと思った時のヒントになるため、今となっては欠かせない ASP になっています。

【理由5】プレミアム報酬制度による追加報酬がある

最後に紹介する理由は、初心者アフィリエイターのやる気を持ち上げてくれるサービスです。

ある広告の月内確定金額が初めて10,000円を超えた場合、プレミアム報酬制度により上乗せで 10,000 円から最大 30,000 円のボーナスが支給されます。これはプロモーション毎に設定されたもので、支払われるのは一度のみです。

例えばプロモーション A でプレミアム報酬を受け取っても、他のプロモーション B で条件を満たせば、改めて報酬をもらうことができます。

このプレミアム報酬額は前月の全てのプロモーションの確定金額によりランクが決められ、9段階に分類されています。ランクが上がると提供されるサービスも増えていきます。なお 10% のW報酬は、最初から適用対象なのでご安心ください。

もしもアフィリエイト ランキング

なお楽天や Amazon など、一部のプロモーションは対象外となります。プレミアム報酬に対応したプロモーションは、検索画面で抽出することができるので、自分のサイトにあったものを探してみてください。

もしもアフィリエイトは商品紹介ブログパーツ「カエレバ」との相性が良い

Amazon アソシエイトと楽天アフィリエイトを併用するなら、状況に応じてそれぞれのサービスを利用するのではなく、どちらのリンクも一緒に掲載するのが最も効率の高い方法になります。そこでおすすめするのが、商品紹介の定番ブログパーツ「カエレバ」です。

商品紹介ブログパーツ カエレバ

利用方法については公式サイトを参照ください。簡単に説明すると、提携した Amazon と楽天の ID を上記サイトに登録すると自身のパソコンにキャッシュデータとして保持されるので、後は Amazon や楽天の商品ページからブックマークレットを起動して、生成された商品紹介用の html コードをブログ等に貼り付ければできあがりです。

ブックマークレットとは、ブラウザのブックマーク(お気に入り)に登録できる JavaScript プログラムです。ブラウザ上の表示されたデータを抽出して、カエレバのページを呼び出すために利用されます。

カエレバによる作成例

では、カエレバを使って作成した商品リンクをご覧ください。こちらは Amazon でも人気の高いモバイルバッテリーです。

Yahoo ショッピングに関しては、もしもアフィリエイトよりもバリューコマースの方がマージンの率が高いです。最初はサイトの審査を通すのに時間が掛かるため、ASP の審査落ちのリスクを踏まえて、複数の ASP から申請しておくのもリスクヘッジになります。

これは僕の経験と実績から言えることですが、Yahoo! ショッピングで買い物をする人は一気に高額を利用する傾向にあります。しかも楽天と同様に、たくさんのポイントが貯まるキャンペーンも存在します。

もし楽天のリンクを載せるなら、ユーザーが被らない Yahoo! ショッピングへのt登録は必須です。バリューコマースも支払いは1,000円から、そして振込手数料0円と条件は「もしもアフィリエイト」と同じなので、商品紹介をメインで考えているならば登録するメリットは十分にあります。

商品リンクに複数ショップを載せた場合と、Amazon のみを載せた場合、断然「複数ショップを載せる」ほうが売上が高くなります。少しの価格差なら、安いところで買うよりも、普段ポイントを貯めている店で購入する傾向が強く見られます。

成果の発生は記事の量ではなく質で決まる

カエレバのリンクを貼って、早ければ1ヶ月以内に成果が発生するでしょう。ただし注意すべき点は、闇雲に商品リンクを大量に生成するのではなく、コンテンツとしてきちんと成立しているもの、つまり購買意欲を引き出す内容で発信していく必要があります。

自分が書いた文章を客観的に読んで、商品に対する魅力を感じなければ意味がありません。記事としての価値を高めることは、Google 等の検索サイトにも評価されやすいので、コンテンツの品質を高めることが結果的に売上と直結するのです。

強豪が多いジャンルを選んでしまった場合、コンテンツが充実したサイトが多く、検索上位に表示させるのが難しいかもしれません。それでも商品の数だけ、売上が立つ可能性を秘めているのが物販アフィリエイトの良さでもあります。どんな人でも、自分が得意とするジャンルの商品が必ずあるので、まずはそこから挑戦して、中身の濃いコンテンツに仕上げるべく頑張ってみてください!

以上、僕がアフィリエイト初心者に「もしもアフィリエイト」を勧める理由と、カエレバを利用した商品紹介方法についてでした。

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。