エックスサーバーのスペック(仕様)ってどれくらい?【2019年最新版】

更新日: 公開日:2017/07/12
XSERVERスペック

エックスサーバーの特徴は、Web サーバー・DB サーバー共にストレージの構成がオール SSD であること。そして RAID 10 に対応している点です。他のレンタルサーバー会社よりも先駆けて全ストレージの SSD 対応を行い、性能面で一気に優位になりました。

2019年現在はエックスサーバーがどのようなスペックで動いているのか、覚書としてまとめておきます。

エックスサーバーのサーバー仕様

OSLinux (詳細は非公開)
CPUXeon E5-2640 v4( 2.40GHz ) x 2
ストレージSSD RAID 10
メモリ256GB
Apache2.4.X
PHP77.2.X、7.1.X、7.0.X
PHP55.6.X、5.5.X、5.4.X、5.3.X、5.1.X
MySQL5.7.x
Perl5.16
Web サーバーapache 2.4.x, nginx
HTTP/2対応

上記の情報はエックスサーバー利用者であれば、サーバーパネルの管理画面から [サーバー情報] より確認できます。

パソコン選びと同様にサーバーを選ぶ際のポイントになるのが、CPU・ストレージ・メモリではないでしょうか。元々性能には定評のあるエックスサーバーでしたが、ここ数年で一気に大きな変化がありました。

成長しつづけるエックスサーバーの性能

XSERVER サーバースペックの進化

エックスサーバーの CPU は 10 コア& 20 スレッドの能力を持ち、負荷が大きくなった時に働くターボブースト利用時には 3.40 GHz もの力を発揮します。しかもその CPU が2枚載ったデュアル構造になっているため、処理性能も抜群です。

メモリは2016年末にこれまで最大 96GB から倍の 192GB になり、そこから更に増えて 256GB まで拡張し、大きな負荷にも耐えられるようになりました。(最も古いサーバーのメモリは 16GB 程度)

そして遂にストレージに SSD が採用されました。ストライピングの RAID 0 と、ミラーリングの RAID 1 を組み合わせた RAID 10 を採用することで、アクセス性能の向上や障害に強い、高性能なサーバーに進化を遂げたのです。

  • ストライピング: データを複数台に分散させ、読込・書込速度が向上
  • ミラーリング: 複数台に同じデータを書き込み、耐障害性が向上

旧サーバー向けのアップデートが実施された

オール SSD 化になるタイミングで、既存サーバーの載せ替えも実施されました。これまで古いサーバーであっても最新性能のサーバーへ自動的に移行してくれるので、利用者は負担なく新しいサーバーが利用できるのもエックスサーバーの嬉しい点です。

レンタルサーバー会社によってはサーバー移行の手続きをしたり、自ら申請しないと古いサーバーのままだったりすることもあります。

今後エックスサーバーを利用する上でも、安心できるポイントとして評価できます。

旧サーバー利用者向けに「新サーバー簡単移行」機能があった

新サーバー提供後は基本的に順番で新サーバーへ移行が行われるのですが、古めのサーバーを使っている利用者に対しては、順番を待たずに移行が行えるプログラム「新サーバー簡単移行」なる機能が提供も提供されていました。

これは [インフォパネル] 上から手続きを行う必要があるものの、その名の通り簡単に最新のサーバーへ移行することができます。移行中に Web サイトへアクセスできなくなることもなく、サーバー上の設定を何も変更せず実施できるメリットがあります。

格納先のサーバーが変わるため、FTP やメールなど、クライアントからアクセスが必要なものは接続先情報の変更が必要になるものの、それ以外の手間は全くありません。WordPress の設定書き換えですら、このプログラムで自動的に変更されます。

僕自身2015年からエックスサーバーを利用しており、この「新サーバー簡単移行」のプログラムを使って新サーバーへ移行しました。僕はこのサーバー上で3つの WordPress サイトを運営しているのですが、特にエラーが発生することもなく、のべ数時間で完了しています。体感的な速度も大きく向上しました。

エックスサーバーの「新サーバー簡単移行」で最新の SSD RAID 10 メモリ 192GB のサーバーへ移行したら処理速度は向上するのか?
エックスサーバーの「新サーバー簡単移行」で最新の SSD RAID 10 メモリ 192GB のサーバーへ移行したら処理速度は向上するのか?
//nj-clucker.com/xserver-data-migration-to-new-server/

HTTP/2 対応により体感速度が一気に向上

エックスサーバーは独自 SSL を無料で利用できるため、https 化も全く問題ありません。

XSERVER で独自 SSL が無料になるサービスが始まった!他の SSL プランと比較し適切な証明書を導入しよう
XSERVER で独自 SSL が無料になるサービスが始まった!他の SSL プランと比較し適切な証明書を導入しよう
https://nj-clucker.com/xserver-ssl-service/
エックスサーバー上の WordPress 構築サイトを SSL 化した手順
エックスサーバー上の WordPress 構築サイトを SSL 化した手順
//nj-clucker.com/xserver-ssl-access/

また SSL に対応すると通信プロトコル HTTP/2 が適用されるため、エックスサーバーは真の意味でコストパフォーマンス抜群の最強レンタルサーバーだと言えます。

HTTP/2 とは簡単に説明すると、サーバーとデータを要求するための命令「リクエスト」と応答「リクエスト」が交互に繰り返される状態から、多重化通信できるようにして、結果的にページの読込み時間を短くするための技術です。

これまでと http/2 での通信方法の違い

ただ HTTPS/2 は多重処理によるサーバーへの負荷も大きくなるため、一般的には導入することが全てメリットにつながるとも言いづらいところがあります。それでもエックスサーバーの強固なスペックがあれば、サーバー負荷はそこまで意識する必要はありません。

僕の経験上から、1つのサイトが月間50万PV程度では何も変わらず、同一サーバー上の月間PV数が70万を超えても全く影響はありません。

月間50万PVを難なく支えるレンタルサーバー
月間50万PV を超えても大丈夫!エックスサーバーは安定性抜群のレンタルサーバーだった
運営している一部のブログの月間ページビュー(PV)数が、平均して 50万PV を超えるようになりました。同一サーバー上で運営している他のサイトも含めると、月間のトータ...

数年前までは本当の高負荷時には 500 エラーが出る印象のあるサーバーでしたが、最近はそういった話を全く目にすることはなくなりました。現実としては負荷の上限はあるものの、想像を超えた同時アクセス数がないと落ちることもないのではないかと感じています。

エックスサーバーはそれほどまでに強いサーバーなので、ある程度 Web 界隈に精通している人に人気のあるサーバーなんだと思います。もしレンタルサーバー選びで悩んでいるのであれば、ぜひ検討してもらいたいサーバーなので、10日間の無料お試し期間を活用して、その能力を感じてみてください。

以上、エックスサーバーのサーバースペックに関する話でした。

この記事をシェアする

最新の更新情報は、Twitter、Facebook、Freedly にてお届け!

NJ-CLUCKER RSS

このブログの運営者

NJ

元システムエンジニアから、個人事業主として独立。Web サイト運営、動画制作など活動の場を広げています。このブログでは、困ってたどり着いた人に、分かりやすく答えを提供できるように心掛けています。

更新情報は、Twitter や Facebook ページを参照ください。フォローお待ちしています。